雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
となかいはなぜサンタのそりをひく?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

となかいはなぜサンタのそりをひく?

  • 絵本
作: モー・プライス
絵: アツコ・モロズミ
訳: 松野 正子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「となかいはなぜサンタのそりをひく?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784001106213

小学1.2年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

年ごとにクリスマス・プレゼントを配るところが増えてゆき,サンタはもうくたくた.小人たちはそんなサンタに空とぶそりを作ってあげました.ところがそりを誰がひくかで大騒ぎ.楽しい空想が広がります.

ベストレビュー

盛りだくさん

由来ものというのでしょうか。

最初タイトルを見たとき、となかいの方に理由があるのかなと思って読み始めました。

だけど原題を直訳すれば、「なぜとなかいが選ばれたか?」ということなんですね。


まずサンタが歩いてプレゼントを配っていた、というのにビックリ!

そして、そりを引く動物を広告を出して募集した、に至って大笑い。

しかも、アフリカから北極、中国の動物までみんな一緒にいるんだからね。

いろいろな動物で試してダメで、決まらないままクリスマスの前の日になってしまう。

そこへ、となかいが、谷に落ちた仲間の救助を頼みにやってくる。

となかいのそりひきは、速くてゆれないので決定というわけ。


絵も細かく書き込まれていて楽しいし、いろいろな要素が盛り込まれていて、小さい子ならわくわくするでしょう。

サンタさんが、エルウィンにそりをプレゼントしてもらうのもいいですね。

読み聞かせなら、中学年くらいまででやりたいかな。
(きらきら虫さん 40代・ママ 女の子16歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アツコ・モロズミさんのその他の作品

ねるまえに「よんでよんで」 / このゆびとまれ!おはなしいっぱい / ゴリラが1ぴき

松野 正子さんのその他の作品

ももと こだぬき / にわとり城 / ちゃいろいつつみ紙のはなし / 特装版 思い出のマーニー / まっててね / よくきたね



取り外せるマイクでうたおう♪あそぼう♪

となかいはなぜサンタのそりをひく?

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット