ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
えんとつからおちたふくろうのこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えんとつからおちたふくろうのこ

作: 坂本 朗子 坂本 尚也
絵: 坂本朗子
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,600 +税

「えんとつからおちたふくろうのこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ポルトガルの森で暮らすふくろう親子の愛情物語の実話をもとに、現地在住の染色画家夫妻が、光によって退色しやすいデリケートな染色画を使った美しい絵本を創作した。寒さに震え、けむりの消えたえんとつに乗っていておっこちてしまったふくろうの子をめぐるさまざまな愛情を、あたたかなヨーロッパ調の色彩で表現している。

ベストレビュー

親子の愛情!

ポルトガルの森で暮らす ふくろう親子の話です。
本当にあった話からヒントを得て、ポルトガルに住んでいる日本人2人が書いた本です。

お母さんと産まれたばかりの ふくろう2匹の お話です。
森の近くには、両親と離れておばあさんとねこと暮らしている家のトンネルに、ふくろうの子供が落ち、お母さんが助けるお話です。

母親は、どんなに大変な事があっても、怖い所でも、子供のためになら助けに行く母親のすごさを伝えています。
母親と離れて暮らす女の子の、寂しい気持ちも、よくわかる本です。絵も淡い色で優しい感じがして、心を和やかにしてくれます。とても素敵な本です。
親と子、共にゆっくりした時に読んでみてはいかがでしょうか。
(NON×2さん 30代・ママ 男の子8歳、女の子5歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

えんとつからおちたふくろうのこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット