だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
アラジンと魔法のランプ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アラジンと魔法のランプ

  • 絵本
作・絵: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1994
ISBN: 9784772101219

6歳から
26×19cm・56ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

叔父と名乗る怪しい男の手引きでアラジンはランプを手に入れます。それはこすれば魔物が現われ、望みを叶えてくれる魔法のランプでした。ハラハラドキドキの冒険物語です。

ベストレビュー

憎めないどら息子

なんていうか、アラジンってこんなにだらしのない男の子だったんですねぇ・・・。
でも、さすが「11ぴきのねこ」の馬場さんです。あのあつかましい猫たちも憎めませんが、このドラ息子アラジンも「ま、いいんじゃないの?」と許せてしまいます。

お話は周知のとおり、壮大で痛快。
王さまとのやり取りも、魔術師の仕組む罠も、魔神の豪快さも、素晴らしいエンターテイメントです。

そして、何といっても独特の文章が、この絵本の魅力ですね。
読み聞かせると、30分位(かなぁ?計ってなかったので適当ですが・・)の長ーいお話なのですが、ただ淡々とお話が進む文章ではなく、噺家さんが話しているような軽快な物なので、飽きずに最後まで楽しめます。(ただその分、読み手も覚悟が必要かも。それなりに抑揚をつけて面白く読まなければなりませんから・・)

小さいお子さんには、長すぎるし 途中で分けて読んでもちょっと難しいかな・・、と思います。ほんとにお話し好きのお子さんには、寝る前に何日かかけて読む事もできるとおもいますが・・。
やはり小学校中学年以上からが、良いかと思います。
(ちょし★さん 30代・ママ 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


馬場 のぼるさんのその他の作品

たらふくまんま / 復刻版 絵巻えほん 大型 11ぴきのねこ マラソン大会 / 馬場のぼる こどもまんが集 / ひるねのじかんです / 大型紙しばい おうさまさぶちゃん / ながぐつをはいたねこ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

アラジンと魔法のランプ

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86




全ページためしよみ
年齢別絵本セット