あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
子ども版声に出して読みたい日本語 3
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子ども版声に出して読みたい日本語 3

作・絵: 齋藤 孝
出版社: 草思社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

論語にかわいい系の挿絵です!

この本は“声に出して読みたい日本語”シリーズの中でも『論語』を取り扱っています。
論語といいうと、私の記憶の中では中学・高校時代の古典(だったかな?)の授業で習った記憶しかありませんが、
この本で2番目に紹介されている

≪子曰わく、吾れ十有五にして学に志ざす。
 三十にして立つ。
 四十にして惑わず。
 五十にして天命を知る。………≫

と、表題タイトルにもなっている

≪子曰わく、
 朋有り遠方より来たる、亦た楽しからず乎≫
が、自分的に声に出してみて懐かしかったです。

でも、日本人として多くの人(少なくとも私は)が感じるのは、『論語』って硬くて難しそうな世界というイメージだったので、
この本の挿絵の可愛らしさに、まず驚きました。
このシリーズを担当された編集者の方や撰者の斎藤先生の感性の柔軟さにびっくりです。
今迄に誰が、『論語』の文章をこんなかわいい絵をつけて紹介しようとしていたでしょうか〜!この全く違う世界観を融合させてみるというマジック的なインパクトで、すごく惹きつけられました。

斎藤先生の訳も分かりやすくて、短くまとめられた分が気軽に頭の中に入ってきてくれた気がします。
気になる方はどうぞ、一度手にしてみてください。
小学生の高学年くらいのお子さんたちから楽しめそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子12歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

齋藤 孝さんのその他の作品

こども孫子の兵法 / 声に出して読みたい 小中学生にもわかる日本国憲法 / これでカンペキ!マンガでおぼえる敬語 / 先生教えて!国語のギモン / やる気も成績も必ず上がる家庭勉強法 / 10分あれば書店に行きなさい



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

子ども版声に出して読みたい日本語 3

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット