ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
おまつりの日に
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おまつりの日に

作・絵: ターシャ・テューダー
訳: ないとうりえこ
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

シルヴィー・アンとおにいさんのトムは、むらまつりを楽しみに待っていました。なぜって、ふたりにはひみつの計画があったのです。それは、大切に育てたがちょうとうしをひんぴょうかいにだすことでした。

ベストレビュー

村のお祭り

真っ赤な鶏冠をピンと立てた立派な雄鶏が表紙の絵本。

 村のお祭りが近づいています。おさげのかわいい女の子シルヴィー・アンとお兄さんのトムはうきうきしています。

それは、二人にある「計画」があったから、、、。

 お祭りというと、日本の絵本では歌って踊って夜店を楽しんでといった感じですがこれは違います。

 村に住む人々の日頃の努力をみんなで品評し褒め称える日でもあるのですね。

そういえば、アメリカの小説などを読んでもよく「お菓子コンクール」とか「未来の主婦のためのコンクール」とか出てきますね。おばあちゃん直伝のレシピやオリジナルレシピを競うのです。

 異国情緒あふれる挿絵も魅力的ですが、昔ながらの生活を営む村人や自立心あふれる子供たちの姿がすがすがしい一冊です。

 子供の頃に読みたかったなと思わせられました。
自信を持っておすすめします。
(ひよこまめさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ターシャ・テューダーさんのその他の作品

すばらしい季節 / ターシャの農場の12カ月 / ターシャの かずのほん 1は いち  / ターシャ・テューダーのクリスマス 喜びはつかむもの / ターシャ・テューダー 最後のことば ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 / ターシャとコーギ

ないとうりえこさんのその他の作品

マウスマンション サムとユリア おかいもの / マウスマンション サムとユリア あそぼう / マウスマンション サムとユリア 大げきじょうへ / マウスマンション サムとユリア / ベッキーのクリスマス / ターシャ・テューダーのクリスマス アドベントカレンダー



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

おまつりの日に

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット