もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あふりかのたいこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あふりかのたいこ

作: 瀬田 貞二
絵: 寺島 竜一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1962年

5才〜6才向き
こどものとも 1962年8月号

出版社からの紹介

太鼓が大好きな男の子タンボは、村にやってきた白人の男が無闇に動物を殺すのを見て、動物たちを遠くに逃がすように太鼓をたたいて合図を送りました。翌日から、動物が一匹も見つからなくなりましたが、一頭だけ現れた見事なインパラを、男とともに追っていくと、森の池のまわりには、命の水を飲むたくさんの動物が……。アフリカを舞台に自然への畏敬と命の尊さを描いた絵本。(「こどものとも」77号)

ベストレビュー

生きる

この本は、いろいろと問題があり、挑戦した本だ、と別の本で見たことがあります。確かに誤解をうみそうな、そしてさまざまな問題を含んだ本と思います。しかし、そういう、答えはひとつ、的な本が多いなかで、子ども自身も考え、親も考え、みなで考える本だと思いました。生きていることの素晴らしさ。ことばでいうのは簡単ですが、その、生きるという輝きがこの本から伝わってきました。
(もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

出版社おすすめ


瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし

寺島 竜一さんのその他の作品

じどうしゃ / ホビットの冒険



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

あふりかのたいこ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット