宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
エルマーとゼルダおばさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

エルマーとゼルダおばさん

  • 絵本
作・絵: デビッド・マッキー
訳: きたむら さとし
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年01月
ISBN: 9784776402114

23×20cm  25頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

エルマーとウイルバーは、ゼルダおばさんのところに遊びにいきました。年をとったゼルダおばさんは、最近耳が遠くなってきています。エルマーたちとの会話もちぐはぐだったり。でも、とても明るくおおらかなおばさんに、エルマーたちは親しみと楽しさを感じるのでした……。
若いエルマーたちと年寄りのゼルダおばさんの交流をあたたかく、ユーモアたっぷりに描いた作品です。

ベストレビュー

エルマーのおばさん

エルマーのおばさんの登場です。
やっぱり、カラフルでしたね。(でも、エルマーよりは地味かな)

おばさんを見ていると、老いを受け入れながら、楽しく暮らしていることがわかります。
度重なる聞き間違いも、間違いながら会話の流れになっていることが、とても面白かったです。
(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

デビッド・マッキーさんのその他の作品

エルマーとクジラ / エルマー はやいのはだれ? / エルマーのはじめてのかずのほん / エルマーのはんたいことば / かたぬきフェルトしかけえほん ぞうのエルマー ジャングルのともだち / メルリック 〜まほうをなくした まほうつかい〜

きたむら さとしさんのその他の作品

キョウリュウがほしい / なるほど! お金のはなし / ぼくとテスの秘密の七日間 / おばあちゃんは大どろぼう?! / ポットさんのぼうし / わたしのゆたんぽ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

エルマーとゼルダおばさん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット