宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
アストンの石
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アストンの石

作・絵: ロッタ・ゲッフェンブラード
訳: 菱木 晃子
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784338126441

乳児から

出版社からの紹介

ある犬の家族、ハッピーなパパがいて、ハッピーなママがいて、そんな二人の子どもがアストン。秋も深まるある夕暮れ、ママと一緒の買い物帰り、冷たい水たまりの中にある石をアストンが見つけ、かわいそうに思いそっと持ち帰る。その日からアストンはいろいろなところでさびしい石を見つけて……。

ベストレビュー

心にそっと

道に落ちている石を見つけては
「さびしそうだから」
「さむそうだから」

と 家に連れ帰り、御世話をしてあげるアストン。

大人にとってはなんでもない事でも、子どもにとってはとてもとても重要で大切なことって、意外によくあることなのかもしれません。

子どもの大切にしている 想い をそっと見守る両親の姿も、そして最後のオチまでもが、読むとふんわりと暖かくなる1冊です。

何度も何度も 読んで読んでとせがむ娘と一緒にほっこり読みました。

娘はその後
幼稚園でお友だちと作った泥団子を帽子のなかにハンカチをしいて
そっとそっと持ち帰りました。

そして
そっと 添い寝をするようにお昼寝をする姿を見つけて
この絵本が どんなに子どもの心に響くのか 寄り添うのかと
改めて感じた母でした。
(みぽみぽさん 30代・ママ 女の子14歳、女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

菱木 晃子さんのその他の作品

長くつ下のピッピ / チャルーネ / 巨人の花よめ スウェーデン・サーメのむかしばなし / のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話



>絵本エイド ―こころにひかりを―

アストンの石

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット