30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
ある夜のこと。30000このすいかが「食べられてはたまらん!」と畑から逃げ出した! すいかたちの脱走劇の結末はいかに!?
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
白いのはらのこどもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白いのはらのこどもたち

  • 児童書
作・絵: たかどの ほうこ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「白いのはらのこどもたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

のはらおばさんは、ある日のんちゃんを雪の野原へとさんぽにさそいました。なにもないように見える雪の野原でも、よーく観察してみると、おもしろいものが、いっぱい。オニグルミのはっぱの落ちたあとは、だれかの顔にそっくりだし、森の中にいる赤いベレーの大工さんって??
お話を読み進めながら、自然となかよくなれる本です。
「のはらクラブのこどもたち」の第三弾。冬の野の楽しみをとりあげます。

ベストレビュー

今度は冬のお話です

のはらクラブのシリーズは2作だけだと思い込んでいた私。
図書館で偶然見つけたときには娘と喜びました。
今度は冬ののはらのお散歩をする のはらおばさんとのんちゃん。
今回は例の仲間に一人新しいお友達が加わりますよ。
冬ののはらには一見すると何も無いように見えて
冬芽がしっかり息づこうとしていたり 赤いナナカマドの実があったり
葉っぱをつけていない木々にはあたらしい発見がいっぱい。
その他かまくらなどの雪の中での過ごし方や
牧場のサイロのしくみなど 。
なるほど!いやー今回も勉強になりました。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たかどの ほうこさんのその他の作品

まあちゃんのすてきなエプロン / つきよの3びき / ポンちゃんはお金もち / ペルペルの魔法  / ぜったい くだものっこ / つんつくせんせいとかさじぞう



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

白いのはらのこどもたち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット