貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ちいさな島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさな島

  • 絵本
作: ゴールデン・マクドナルド
絵: レナード・ワイスガード
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 童話館出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784924938625

ベストレビュー

哲学的で宗教的な作品。でも難しくない

哲学的で、なんかとても宗教的な世界観を感じる内容でした。
宗教的な昔話や聖書などに出てきそうなストーリーに思えたのは、私だけでしょうか?

聞いたことがない作者なのに、絵がとてもきれいで、引き込まれるな〜と、思って、作者紹介の所を読んだら、マーガレット・ワイズ・ブラウンだったんですねぇ。

最初は「ちいさな島」が見ている景色でしかなかったのに、黒ねこが登場してから、島自体が生き生きと見えました。
黒ねこと島との会話はなかなか良かったです。
詩的な、美しい言葉を厳選して文章が作られているなとも、思いました。
絵がきれいなので、内容は難しいですが、結構小さいお子さんからお薦めできそうな気がします。
読んであげるなら、6,7歳くらいから、いかがでしょうか?
私もお話会で、このくらいの年齢層にあたった時は、使ってみたいと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

ゴールデン・マクドナルドさんのその他の作品

きかんしゃが とおるよ / こわがらなくて いいんだよ / まいごになった子ひつじ

レナード・ワイスガードさんのその他の作品

コウテイペンギン / ちいさなうさぎのものがたり / パンタロンとケーキやさん / どうぶつたちのクリスマスツリー / たんじょうび おめでとう! / ねことテルと王女さま

谷川 俊太郎さんのその他の作品

ビークル 〜ゆめのこどものおはなし〜 / ねむたいひとたち / いえすみねずみ / まけるのもだいじだよ にじいろのさかな / えじえじえじじえ / 生きる



ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

ちいさな島

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット