宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ソルビム お正月の晴れ着
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ソルビム お正月の晴れ着

  • 絵本
作・絵: ぺ・ヒョンジュ
訳: ピョン・キジャ
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ソルビム お正月の晴れ着」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年01月
ISBN: 9784883301591

関連書籍
ソルビム2


出版社からの紹介

 韓国・朝鮮の人々は、お正月になると、頭のてっぺんからつま先まで、身につけるものを新調します。お正月を迎える晴れ着を、ソルビムといいます。この絵本の主人公の女の子も、ソルビムを着る日を楽しみにしています。お母さんが心をこめて縫ってくれた深紅のチマに、鮮やかな色の段々模様のセットンチョゴリ、花の刺繍の入ったポソン・・・。巻末にソルビムの解説つき。

ソルビム お正月の晴れ着

ベストレビュー

母親の愛情

とても美しい表紙の絵に惹かれて手にしました。韓国のお正月は、頭のてっぺんから足の先まで新しく新調したものをまとうのが、全部ではないですが、お正月には服を新調してくれた母の愛情を感じている私でした。とても清々しい気持ちで読むことが出来ました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ぺ・ヒョンジュさんのその他の作品

ソルビム2 お正月の晴れ着(男の子編)

ピョン・キジャさんのその他の作品

春姫という名前の赤ちゃん / キジのかあさん / プルガサリ / ヨンイのビニールがさ / きょうはソンミのうちでキムチをつけるひ! / あめがふるひに…



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

ソルビム お正月の晴れ着

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.82

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット