雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
ラッキーボーイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラッキーボーイ

作・絵: スーザン・ボウズ
訳: 柳田邦男
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年12月
ISBN: 9784566008571

小学校低学年〜

みどころ

 「ラッキーボーイ」という名の犬がいました。でも犬は初めから幸福だった訳ではなかったのです。
 最初に飼われていたのはちょっと忙しすぎる家族。庭の片隅に閉じ込められ、食事も投げる様にに与えられ、お風呂に入る事もなく真っ黒になっていました。名前さえもなかったのです。そんな犬が塀ごしに聞いたおじいさんのぶつぶついう声。彼は穴を掘り始めました。隣の庭に出られるくらいの深い穴を、必死で・・・。一方のおじいさんは妻を亡くして孤独と悲しみの中で生きていたのです。
 疎外された犬、孤独な老人、二人の出会いは偶然?必然?名前をもらい、体を洗ってきれいになった犬の為におじいさんはご飯を作ってやり、寝床を用意し・・・おじいさん自身も生き生きした生活の楽しさを取り戻していくのです。
 決して他人事ではない、弱き者小さき者の存在。そして孤独や悲しみ。こういった題材を扱いながらも前向きな、愛の溢れる内容になっているという事が重要なんだと思います。自分や周りの人がそういう存在になった時、避けられない悲しみにぶつかった時。色々な逆境の中にあっても出会いで人生が救われる事があるという訳者の柳田邦男のメッセージもこもっています。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

はじめは、ラッキーではなかった。名前さえつけられず、ほっておかれた。ある日その犬は、塀ごしにぶつぶつひとりごとを言う、お隣のおじいさんの声をきいた。そこで犬は…。妻を亡くして悲哀に沈むおじいさんの生活に犬は〈ラッキーボーイ〉としてあらわれた。孤独な老人と犬の、幸せな愛の物語。

ベストレビュー

犬に名前のつくことの意味

犬にまだ名前がないときは、ガスティン家では全く存在感のない犬でした。
どうして連れてこられたんだろう、どうして相手にしてもらえないんだろう。
それでも犬は従順、自分の境遇を受け入れていました。

犬に名前が与えられたとき、犬は家族になりました。
奥さんを亡くして寂しかったおじいさんの良き友となりました。
塀一つを隔てた二つの家の違い。
犬の境遇とともに二つの家族の姿をくっきりと浮かび上がらせました。

ガスティン家は寂しい家族です。
いつも追い立てられるように行動して、回りが良く見えないかわいそうな家族に思えてしまいます。
自分の家にいた犬がいなくなったことも、その犬がそばにいることもわからないのですから。

しっくりとしたお話にぴったりのモノトーンの線画。
柳田邦夫さんがこの本を選んだ意味が伝わってきます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳田邦男さんのその他の作品

ぞうさん、どこにいるの? / 100年インタビュー 悲しみは真の人生の始まり / 雨の降る日は考える日にしよう / コルチャック先生 子どもの権利条約の父 / でも、わたし生きていくわ / やめて!



ハッピーなおやすみのえほん!

ラッキーボーイ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット