雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
しまで あおうね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しまで あおうね

作・絵: たむら しげる
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「しまで あおうね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年03月

3才〜4才〜5才
ちいさなかがくのとも 2007年3月号

出版社からの紹介

フープ博士からの手紙には「しまにあつまれ」と書かれていました。ルネくんは自転車に乗って、犬のベルカとともに島に向かいます。途中で出会った仲間たちも、それぞれの手段で島をめざしているようす。島ではいったい何が待っているのでしょう?  ルネくんの自転車をはじめ、バス、電車、船、飛行機などなど、さまざまな乗り物(移動手段)が登場します。最後には、驚きの展開が!

ベストレビュー

きちんと物語が楽しめる乗り物絵本です。

母子ともに大好きなたむらしげるさんの本です。
シンプルな線と、鮮やかな色合いが素敵です。
さらに息子の大好きな様々な乗り物が登場する本なので、
親子とも大満足です。

博士からの手紙で、
ルネくんは自転車で(橋を渡って)、島に向かいます。
ルネくんの仲間たちが、
様々な交通手段で島を目指しているのがわかります。
車や電車や船や飛行機だけでなく、走っている人や泳いでいる人までいます。
島に全員集合。
これからロケットで月に向かうのです。

これだけたくさんの乗り物が登場するのに、図鑑的な本になっていない。きちんとストーリーも楽しめます。
小さい子(2〜3歳くらい?)向けとしてはかなり貴重な本だと思います。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

たむら しげるさんのその他の作品

ゆきゆきゆき / 夢の旅 / うちゅうスケート / クッキー・サーカス / へんてこハウス / 一千一秒物語



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

しまで あおうね

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット