あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
どっちがピンチ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どっちがピンチ?

  • 絵本
作・絵: 岩井俊雄
出版社: 紀伊国屋書店

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784314010191

14×14cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いわいとしおさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

【このあとどうなる? あぶないよ!】
左右のページのどちらかで困ったことが起こりそう。
どちらで何が起こるか子どもに聞いてみます。子どもの想像力を一緒に楽しみましょう。
メディアアーティスト岩井俊雄の遊べる絵本『どっちがへん?』が大好評につき、シリーズ化しました!
親子の楽しい時間を演出する小さなコミュニケーション・ツール。ちょっとしたプレゼントにも最適です。
『どっちがへん?』『どっちがどっち?』『どっちがピンチ?』の3冊をセットにした、
『いわいさんちの どっちが?絵本 3冊セット』もあります!

ベストレビュー

ゲーム感覚で面白い

よく似た2つの絵ですが、よく見ると少し違います。
片方はなにかしらピンチなんです。
クイズみたいなゲーム感覚の絵本。

この絵本の中で、
娘と意見の衝突は2回。

そのうち1回はというと、
「リンゴの近くに青虫がいる絵」と
「リンゴの近くに天道虫がいる絵」。
リンゴがかじられちゃうから青虫がいる絵がピンチかと思うのですが、
娘の考えはその逆。

リンゴがもし転がってきたとき、
天道虫はつぶされちゃうけど、
青虫はリンゴをかじって穴を掘れるから助かるそうで、
実はピンチはテントウムシだとか。

・・なるほど。
子供の考えって面白いな。
(NARIGEさん 30代・パパ 女の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩井 俊雄さんのその他の作品

アイデアはどこからやってくる? / 光のえんぴつ、時間のねんど / いわいさんちのリベットくん / いわいさんちのどっちが?絵本(3冊セット) / どっちがどっち? / どっちがへん?



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

どっちがピンチ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット