しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト

作・絵: 三輪 一雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784033121505

5・6歳から

出版社からの紹介

大昔の海に生きていたが今は絶滅してしまったアンモナイト。でも同じ仲間だったオウムガイは今も深海で生き続けている。なぜ?

ベストレビュー

種の存続を分けた進化

タイトルを見て、コメディータッチのお話かなと思っていたら、全然違いました。
海の生物としてのオウムガイとアンモナイトの、
進化の過程において生き残れた理由、生き残れなかった理由を
分かりやすく紹介しています。

オウムガイが大昔からの種類だというのは知っていましたが、
何故生き残れたのかという理由を知ると、
進化の過程が本当に興味深く感じられます。

どうやって少しずつ体を進化させることが出来たのか?というのも知りたくなります。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三輪 一雄さんのその他の作品

こちらムシムシ新聞社 カタツムリはどこにいる? / サナギのひみつ / ぼくたちいそはまたんていだん / 石の中のうずまきアンモナイト / しおだまり / なっとうくん西へいく



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット