貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト

作・絵: 三輪 一雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784033121505

5・6歳から

出版社からの紹介

大昔の海に生きていたが今は絶滅してしまったアンモナイト。でも同じ仲間だったオウムガイは今も深海で生き続けている。なぜ?

ベストレビュー

生物の進化を知る

イラストから軽めの物語りかと思いきや、1ページ目から何やら難しそうな生物のお話。
4歳児には難しいかと思いながらも読み進めると、これはなかなか面白い!
オウムガイの生き残るための努力をハラハラしながら追っていくうちに、生物の進化が何となくわかるように。
子どもも真剣な顔で最後まで聞いていました。
子どもには全ては理解できなくても、地球にはずっと昔から生物がいて、生物たちが生き残るために色々知恵を働かせてきたことは伝わったようです。
大人にも読みごたえのある一冊です。

(夜の樹さん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

三輪 一雄さんのその他の作品

こちらムシムシ新聞社 カタツムリはどこにいる? / サナギのひみつ / ぼくたちいそはまたんていだん / 石の中のうずまきアンモナイト / しおだまり / なっとうくん西へいく



『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット