ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
リサとガスパール にほんへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リサとガスパール にほんへいく

  • 絵本
作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リサとガスパール にほんへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年03月
ISBN: 9784893094094

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

はじめて日本にやってきたリサとガスパール。
まちは日本語だらけで、ちんぷんかんぷん。
ホテルのトイレは ボタンがいっぱいついてて、
さわったら、水がふんすい みたいにふきだすし、
ごはんはおいしかったけど、おは しを使うのが
すごーくむずかしいし、びっくりすること がいっぱい! 
それにお寺では大きなスリッパがひっか かって、
ガスパールが……! 
リサとガスパール、初来日の絵本。
作者の2人が2年前 に来日したときの様子を、
そのままお話にしたとか…… 記念すべき一冊です!

ベストレビュー

新しい発見

外国人から見た日本ってこんな感じに見えているのか〜
と、新たな発見のあるお話でした。
私達には普通のことであっても異国って感覚で見ると
驚くことが多い物だと思いました。
子供達だけでなく私も改めて日本は綺麗な国だな〜
と、思ってしまいました。
リサ達に優しく接する日本の方も素敵な人でしたよ。
(リーパンダさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アン・グットマンさんのその他の作品

ペネロペといつもなかよし ベビーギフトセット / おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする / ペネロペのたのしいハロウィン / ぬのえほんベビー ペネロペとあそぼう / ペネロペとハローキティ りんごケーキをつくる / ガスパールこいをする

ゲオルグ・ハレンスレーベンさんのその他の作品

リサとガスパールひらがな・ABC育脳カード / ペネロペしかけえほん(13) ペネロペびょういんへいく / リサとガスパールのしんがっき / ペネロペいまなんじ? / ペネロペちきゅうがだいすき / リサとガスパールゆうえんちへいく

石津 ちひろさんのその他の作品

シンデレラ / ソフィアのとってもすてきなぼうし / だれのおしり? まきばにいこう! / だれのおしり? サファリにいこう! / かこちゃんはひとりっこ / おばあちゃんと バスにのって



大人気「ひよよ」シリーズ、新刊発売記念!

リサとガスパール にほんへいく



全ページためしよみ
年齢別絵本セット