十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【予約受付中!】あのロビットの兄弟型サラウンド収納『ピコ』が新登場です!
みえないって、どんなこと?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みえないって、どんなこと?

  • 絵本
作・絵: 星川ひろ子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784265006229

小学校低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

すーさんも全盲のめぐみさんも児童館の先生です。アイマスクをして友達をさがす、さわってみる、なめてみる…五感を働かせて「心で見る」とはどういうことだろう? ワークショップから生まれた写真絵本。

ベストレビュー

見えない人の気持ちになってみる

テレビ番組で全盲の方を特集していて
食い入るように見ていた娘がふとつぶやきました。
「目が見えないってどういうこと?」

早速図書館に娘の疑問に応えてくれるものはないかと探しにでかけました。
そのものズバリの書名のこの写真絵本はかなり娘の興味を惹くものでした。
目が見えないめぐみさんと子ども達が触れ合いながら
見えない人の立場を疑似体験するなかで社会の中で見えない人のために
様々な工夫がされていることや
そんな社会の中でもまだまだ目の見えない人には不便なことが多く
【気持ちのバリアフリー】が本当に必要であることを感じさせてくれます。

娘はこの絵本を読んでから道路の点字ブロックやシャンプーの凸凹などにかなり注目するようになっています。
今まで普通に身近にあったものがこんなに重要なものだとは思わなかったようです。
とてもステキな絵本との出会いでした。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

星川ひろ子さんのその他の作品

あかちゃんが教室にきたよ / ぼくじょうにきてね / バリアフリーの本(3) 耳に障害のある子といっしょに / バリアフリーの本(8) 重い障害のある子といっしょに / ちえちゃんの卒業式 / となりのしげちゃん



イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

みえないって、どんなこと?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット