くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おばあちゃんにささげる歌 にんち症と共に生きる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんにささげる歌 にんち症と共に生きる

作: アンナ=レーナ・ラウリーン
絵: ネッテ・ヨワンソン
訳: ハンソン友子
出版社: ノルディック出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばあちゃんにささげる歌 にんち症と共に生きる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

大事な家族だからこそ

現代は少子化に伴って、高齢化社会になっています
高齢化社会の中でよく耳にする、『認知症』
よく耳にするだけに、馴染みやすい言葉ではありますが
果たしてどんな症状で、どうつきあって、向き合って
いかなくちゃいけないのか?その事について考えた事はおそらくないでしょう。
私もその中のひとりですが・・・

本文中の
「本当は、おばあちゃんがわすれっぽくなったことは、
おもしろいことでもないんです。笑うより
なきたいくらいです。でも、あんまりとんちんかん
なことばかりおきると、笑わないではいられないんです。
それに笑うとすこしは気が休まります。へんですよね。」
のことばに、認知症の方と向き合ってる家族の本心や不安さえ感じることができます。


大事な家族だからこそ、そう思うのでしょうね。
これからの私達の生活にも起こりうる、認知症との
関わり、ゆっくりと考えていくためのすばらしい絵本でした

小学生から、しっかり理解していけますので、
図書館などには必ずおいて欲しい本です。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

おばあちゃんにささげる歌 にんち症と共に生きる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット