ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
公園ののら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

公園ののら

  • 児童書
作: ダイアナ・ロス
絵: エドワード・アーディゾーニ
訳: 坂崎 麻子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「公園ののら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784198612771

小学校低中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

町じゅうの人たちが自慢に思っている美しい公園で、花壇を掘り返したり掃除のじゃまをしたり、わるさばかりするのらねこ。頭にきた庭師頭のモーガンはねこを追いまわすが、どうしてもつかまえられない。ところがある日、ねこが姿を消してしまい…? 1960年代にイギリスで出版された心温まる物語。高名な絵本作家アーディゾーニのカラー挿絵入り。

ベストレビュー

心に残るお話です

年収5ポンド4シリングで市議会に雇われた猫の、そうなるまでのお話。
不思議なお話のように思えますが、公園で自由に生きる猫と、その周りの人々の感情を描いたとても心温まるお話です。

4歳になったばかりの娘に読み聞かせるには、まだまだ早かったようですが、それでもなんとなーく聞いているようで、猫さんのことが気になる様子。
もう少し大きくなったら、もう一度読んであげようかな。

カラーとモノトーンの両方で描かれている挿絵には、母子共に惹かれるものがありました。
(ぽにょさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中

ダイアナ・ロスさんのその他の作品

ちいさなきかんしゃレッドごう

エドワード・アーディゾーニさんのその他の作品

ゆうかんな猫ミランダ / ライラックの枝のクロウタドリ / エドワード・アーディゾーニ 若き日の自伝 / あかいえのぐ / Little Tim and the Brave Sea Captain チムとゆうかんなせんちょうさん / マチルダばあや、ロンドンへ行く

坂崎 麻子さんのその他の作品

クリスマスの幽霊 / わるがきノートン / ロージーの冬物語 / 翼ひろげて / 偕成社文庫 七つの恐怖物語 / ガンジー



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

公園ののら

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット