もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
リックとリック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リックとリック

作・絵: エリック・バトゥー
訳: 天沼春樹
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リックとリック 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

出版社からの紹介

大男の国に生まれた小さなリックと、小人の国に生まれた大きなリック。やっかいもので ひとりぼっちのふたりが、ある日出会って……。BIB世界絵本原画展グランプリ作家が描く、ちょっぴり切なくて、とっても幸せな物語。

ベストレビュー

いのちのつながり

1ページ1ページがポスターのような雰囲気の絵本です。
おおおとこの国に生まれた小さなこども、こびとの国に生まれた大きなこども。
それぞれ同じような経過を辿り、最終的には生まれた国に受け入れられるお話ではありますが、
数ページの中に、こどもに出てくるヒゲで成長がわかったり、両親の老い具合で時間の経過を痛感したり、
また、ファンタジーのようでもありますが、今の世相に通じるようなところもあったり、受容することを考えたりと、いろんな面を感じることのできる本です。

こどもの今の年齢で、どう感じているのかはよくわかりませんが、異性のことがそろそろ気になる年頃のためか、
途中で彼女にであい、「人種(?)」は異なりながらも、
寄り添って歩んでいく、という場面の連なりが好きなようです。


とても気になるようです。
(モトバイさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリック・バトゥーさんのその他の作品

かあさんあひるのたび / やっと みつけた のら犬ヨハンのおはなし / 太陽のしずく / ちいさな ぽむさん / スガンさんのヤギ / すいようびくんの げんきだま

天沼 春樹さんのその他の作品

列車はこの闇をぬけて / アンデルセン童話全集 (3) / グリム童話全集 / 空とぶペーター / アンデルセン童話全集 (2) / アンデルセン童話全集 (1)



『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

リックとリック

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット