十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
火打ち箱
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

火打ち箱

  • 絵本
原作: アンデルセン
文: 赤木 かん子
絵: 高野 文子
出版社: フェリシモ出版

本体価格: ¥1,238 +税

「火打ち箱」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

どんな話が探偵依頼になるかというと、それはもうおもしろいのに有名じゃない、ストーリーとタイトルがあわないのでみつけられない、というお話で、そういう意味ではこの“火打ち箱”は依頼ナンバーワンでしょう。みなさんが覚えているのは茶碗くらい大きな目玉の犬と水車くらいの犬と塔くらい大きな目玉の三びきの犬なのに、タイトルが火打ち箱なのですから。そういうわけで作ってみました。イラストというかアートはあの!漫画家の高野文子さんです。どうやって作ってるのかよくわからないし、すごく変わっているけどすごくいいよ。大人が眺めてあきないアンデルセンができたと自負しています。                     
(本の探偵・赤木かん子)

ベストレビュー

高野文子のペーパークラフト!

「火打ち箱」というお話は、『子どもに語るアンデルセンのお話・2』(松岡享子編、こぐま社)を読んで知っていましたが、この『火打ち箱』を作るのであれば、正直、これ以外のアンデルセンのお話が良かったのではないかと思います。

何たって、高野文子さんが作ったペーパークラフトで表現された絵本なのですから。でも、もしかすると、大きさが違う犬の3匹が登場するところが、高野さんにも読者にも大きなインパクトを与えたのかも知れないですね。

高野さんが、ペーパークラフトの撮影に悪戦苦闘している場面があとがきに描かれいますね。単に切っているだけでなく、立体感が出るように、構図や紙の重ね方、照明による陰影の付け方など、随所に工夫が凝らされています。

この本を見たら、必ず自分も作ってみたいという子どもが間違いなく出てきます。(私も思いました。)そして、実際に作って見ると、本との大きな出来の違いにかんしゃくを起こすでしょう。しかし、それは子どもが乗り越えていかなければいけない道ですね。もう一度、挑戦してもらいましょう。(私もがんばります。)
(はしのさん 40代・パパ 男の子15歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / にんぎょひめ / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ

赤木 かん子さんのその他の作品

もっと知りたい ウメ・モモ・サクラ どこがちがうかわかる? / もっと知りたい チューリップ / もっと知りたい イネ / もっと知りたい タンポポ / もっと知りたい アサガオ / もっと知りたい ヒマワリ

高野 文子さんのその他の作品

しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん / 先生のための百科事典ノート / 動物園ものがたり



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

火打ち箱

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット