もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
よだれダラダラ・ベイビー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よだれダラダラ・ベイビー

作: ポーラ・ダンジガー
絵: G・ブライアン・カラス
訳: 石津 ちひろ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「よだれダラダラ・ベイビー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年01月
ISBN: 9784776402138


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

 「よだれだらだらベイビー」なんて見事なネーミングをしたのはジョナサン。なんでみんなそんなに可愛がるんだ?赤ちゃんなんてげっぷやおならはするわ、よだれは垂らすし・・・。世の兄弟をもったばかりでとまどうお兄ちゃん達と同じように、家族の中心の座を奪われ一人葛藤するジョナサンが思いっきり悪態をついているのです。
 そんな赤ちゃんを見に家に集まってきた親戚一同。たまに話かけてくれたと思ったら「クマのプーシャンジョナサン」なんて今更言われてさらにぶっすり。(ジョナサンは小さい頃プーシャンって言ってたのね。)いとこのお兄ちゃんも遊びに誘ってくれたけど・・・。
 ふてくされたり、怒ったり、とまどったり。お兄ちゃんになっていく心境の変化を、完全にジョナサンの視点から描いているのが面白い。怒れるお兄ちゃんの主張はとってもユーモラスだし、頼もしい。男の子の成長していく姿っていうのは複雑そうで結構単純だったりする。この明快さが見ている方にはたまらないんだよね。
 頑張れ、おにいちゃん。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

おとうとのダニエルは、いつもよだれをたらしていて、顔じゅうかさかさの「よだれダラダラ・ベイビー」なんだ。そのうえ、おならなんかして、「おならプスプス・ベイビー」だし、パパにあごをくすぐられたら、「のどゴロゴロ・ベイビー」になるし……。
家族がふえたことへのとまどいや、赤ちゃんへの嫉妬、そしておにいちゃんになったことへの自覚をあたたかくユーモラスに描きます。

ベストレビュー

お兄ちゃんへの過程

このお話は主人公の男の子に弟ができて、徐々にお兄ちゃんになって行くお話を描いていました。親戚のおばさんや従弟との絡みとかがリアルな感じがして長女の私からしたら懐かしい気持ちになりました。気持ちの変化が面白く描かれていて子供も楽しんで見ていました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ポーラ・ダンジガーさんのその他の作品

あたし、アンバー・ブラウン!

G・ブライアン・カラスさんのその他の作品

ネビルってよんでみた / こそこそこそっ! かくれよう!― マグリーリさんと さむがりウサギ〜 / ちきゅう / ようちえんっていうところ / えかきたんじょう! / うみ

石津 ちひろさんのその他の作品

なぞなぞアンデルセン / もしかしてオオカミ!? / はくぶつかんのよる / 詩ってなあに? / ピピは いっとうしょう! / リサとガスパール とうきょうへいく



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

よだれダラダラ・ベイビー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22




全ページためしよみ
年齢別絵本セット