くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
けんけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

けんけん

作・絵: 山村輝夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 2003年

こどものとも 1992年10月号

ベストレビュー

しあわせあまって

 「世の中には、ひとに理解できない不思議がある」
それを忘れないでねって、教えてくれているのかなぁ…。

 もらった「たかげた」で、空たかーく跳ね飛べる。
でも気分よーくあそんだ後には、鼻がなぜか、長ーく?伸びてくる。
教えられた通り、お堂に「たかげた」を返すと、
ありゃりゃ、何もなかったかのように鼻はもとの通り。

 絵本の中は 秋まっさかりのこがね色、
収穫を無事終えた頃でしょうか。主人公の兄妹の家の軒先にも、
たくさんの果実や野菜が描かれていました。
うれしさあまって、けんけんして家に帰れるように
しあわせをつなぐおこないが途切れないように
いつでも正直でいよう、そう感じました。

感謝。
(もゆらさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


山村輝夫さんのその他の作品

トドマツ森のモモンガ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

けんけん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット