ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
だいすきなママへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいすきなママへ

作・絵: マーティナ・セルウエイ
訳: はなしまみきこ
出版社: 新世研

本体価格: ¥1,600 +税

「だいすきなママへ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

すっごくいいです!是非お勧め!

図書館で借りてきた絵本ですが、
息子も私もすっごく気に入って、
何回も何回も読んでいます!

いなかのおじいちゃんの家へ
一人で遊びに行くことになったロージー。
置いていったママへの恨みをこめつつお手紙を書きます。

これ以降のページは、全てロージーからママへの
お手紙として絵本が展開していきます。

元々いなかに行くのを嫌がっていたロージー。
犬にノミがついていたり、
おばさんの焼いてくれたクッキーが固かったり、
もう早くおうちにかえりたい!とお手紙に書いていきます。

ところがある日から、ロージーのいなか生活が
ちょっとずつ楽しくなってきます。
さてどんな出来事がきっかけだったのでしょう?

そして最後はおじいちゃんのいなか言葉で
「いなかもけっこう、おもしにょいちゃ!」

ロージーがどんどんおじいちゃんに心を開いていき、
いなかを大好きになってくストーリー。
最後のお手紙は思わずジーンときちゃいました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

だいすきなママへ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット