へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
ひとつ・いっぱい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとつ・いっぱい

作・絵: 杉田 比呂美
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「ひとつ・いっぱい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年01月

10ヶ月〜2才向き
こどものとも0.1.2. 2007年1月号

出版社からの紹介

レタスがひとつ。ばりばりちぎったら、葉っぱがいっぱい。クッキーのビンがひとつ。開けたらクッキーがいっぱいこぼれてきた。シャボン玉ひとつ。力いっぱい吹いたら、空一面のシャボン玉。赤ちゃんにとっても身近ないろいろなものが、画面いっぱいに広がります。大人にとって、ちょっと困りものの赤ちゃんの遊びや、自然の作り出す美しい風景を、軽快なタッチで描いた絵本。

ベストレビュー

とても綺麗なシャボン玉

この本って言ったら、息子と読んでいてわぁーっと声をあげたシャボン玉がいっぱいとんでいるページ。本物みたいで、まさにイメージ通り。
小さい時はシャボン玉大好き。フワフワしてて、簡単い割れて・・・とっても不思議な玉。これを見ると、シャボン玉やりたくなってしまいます。

子供がいたずらするだろうってことがいっぱいある。キャベツが置いてあれば、めくって見る。クレヨンがあれば、床いっぱい書いてみる。瓶に入ったお菓子を出してみたら、全部ぶちまけてしまう。あるあるネタがたくさん。試したことがないお子様は少し、真似をしたくなるかもしれないけど。
それが子供だもの。自由奔放で楽しい絵本です。
最後はお父さんがシャボン玉を拭いたり、肩車をして散歩するとかもいいと思います。同じように真似してもらって、遊んでもらうのもいいですね。イラストも可愛いので女の子にはオススメです。
(鉄人の母さん 40代・ママ 男の子4歳)

出版社おすすめ


杉田 比呂美さんのその他の作品

エレベーターのふしぎなボタン / イチからつくる ワタの糸と布 / がんばるセイウチ / かまってシロイルカ / ゆうだちのまち / ぼくたちの相棒



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

ひとつ・いっぱい

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット