貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ゴシーのあかいながぐつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴシーのあかいながぐつ

作・絵: オリビア・ダンリー
訳: ゆづきかやこ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥760 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゴシーのあかいながぐつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784338228015

乳児から

出版社からの紹介

ゴシーはあかいながぐつが大好きな黄色いガチョウのヒナです。
ある朝、ながぐつがなくなってしまいました。
いろいろなところを探しましたが、出てきません。
ゴシーが悲しくなったそのとき……。

ベストレビュー

キャラクターが魅力的

2002年初版のアメリカの絵本。
主人公のゴシーは、ガチョウの雛。
何故か、赤い長靴が大好きで、いつも履いています。
日常の生活を描いているのですが、沢山の歩くシーンがあるので、否が応にも赤い長靴が印象づけられています。

そんなある日、赤い長靴が無くなってしまうのです。
その時ゴシーは涙するのですが、こっちも悲しくなってくるから不思議。
結末は、ほのぼのした良い感じで終わるので、安心して読み聞かせできると思います。
ストーリーに大きな展開はありませんが、キャラクターに、そんなことを払拭するに充分な魅力があります。
絵のサイズ、キャラクター、発色から、セカンドブックあたりに適した一冊としてオススメです。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

オリビア・ダンリーさんのその他の作品

ゲルティーのあおいながぐつ / ゴシーのともだち

ゆづきかやこさんのその他の作品

ちいさなワニのおうさま / わたしのかわいいワニ / オオカミ / しろいクマ ちゃいろいクマ / 魔女のワンダは新入生



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

ゴシーのあかいながぐつ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット