貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ゴシーのあかいながぐつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴシーのあかいながぐつ

作・絵: オリビア・ダンリー
訳: ゆづきかやこ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥760 +税

「ゴシーのあかいながぐつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784338228015

乳児から

出版社からの紹介

ゴシーはあかいながぐつが大好きな黄色いガチョウのヒナです。
ある朝、ながぐつがなくなってしまいました。
いろいろなところを探しましたが、出てきません。
ゴシーが悲しくなったそのとき……。

ベストレビュー

キャラクターが魅力的

2002年初版のアメリカの絵本。
主人公のゴシーは、ガチョウの雛。
何故か、赤い長靴が大好きで、いつも履いています。
日常の生活を描いているのですが、沢山の歩くシーンがあるので、否が応にも赤い長靴が印象づけられています。

そんなある日、赤い長靴が無くなってしまうのです。
その時ゴシーは涙するのですが、こっちも悲しくなってくるから不思議。
結末は、ほのぼのした良い感じで終わるので、安心して読み聞かせできると思います。
ストーリーに大きな展開はありませんが、キャラクターに、そんなことを払拭するに充分な魅力があります。
絵のサイズ、キャラクター、発色から、セカンドブックあたりに適した一冊としてオススメです。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オリビア・ダンリーさんのその他の作品

ゲルティーのあおいながぐつ / ゴシーのともだち

ゆづきかやこさんのその他の作品

ちいさなワニのおうさま / わたしのかわいいワニ / オオカミ / しろいクマ ちゃいろいクマ / 魔女のワンダは新入生



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

ゴシーのあかいながぐつ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット