ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
こわがりうさぎホッペル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こわがりうさぎホッペル

  • 絵本
作・絵: アンティエ・グメルス
文: ゆきのゆみこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「こわがりうさぎホッペル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

怖がりで臆病なうさぎのホッペルが、モンスターの魔法で石にされてしまった友達を救うため、勇気をふるう冒険ファンタジー。美しく不思議な世界が広がる絵本。

ベストレビュー

独特な色使いの絵が目を惹きます

息子が図書館で借りました。アンティエ・グメルスは旧西ドイツ生まれで、高校からイタリアで暮らしたそうです。訳者がわんぱくだんシリーズのゆきのゆみこ。わんぱくだんシリーズが好きな息子はゆきのゆみこ作品だと思ったようです。

独特な色使いの絵が目を惹きます。仲良しの動物たちが森に集まって一晩過ごすことになります。うさぎのホッペルは怖がりなのでモンスターでも出ないかと心配しています。

みんなが眠った頃に現れたのがバイオリンを弾いて魔法をかけるモンスター。ホッペルだけは耳を結んでいたので無事でした。
うさぎなので、耳を結んでしまえば聞こえない?なかなか考えているなあと思いました。耳をお団子のように結んでいる絵がおもしろいです。

みんなを助けるためにホッペルは魔法使いに助言をもらおうと出かけます。弱虫の子どもが強くなっていく過程は「ラチとらいおん」を思い出しました。

自分のためだけに頑張ろうとしても頑張れないけれど、友だちのためだったら頑張ろうと思えるかもしれないと思いました。私も怖がりですが、子どもや家族のためと思えば、自分のために頑張るより力がでるからです。

ラストが頑張ったホッペルにはかわいそうな結果だなあと思いました。ホッペルはお友だちを助けることができたでしょうか?

モンスターの絵が独特ですし、バイオリンを弾くというのも今まで読んだ本にはなかったし、魔法使いの絵も独特で一度見たら印象に残る絵だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ゆきのゆみこさんのその他の作品

わんぱくだんのひみつきち / わんぱくだんの まほうのじゅうたん / わんぱくだんのどろんこおうこく / わんぱくだんのペンギンランド / ねんどママ おつきみしたよ / わんぱくだんのスナバさばく



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

こわがりうさぎホッペル

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット