だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
冬のケープ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

冬のケープ

作: 寺下 雅子
絵: 北見 葉胡
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,300 +税

「冬のケープ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

少女がのぞいた鏡の先は、二度ともどれない白銀の世界。
見慣れた路地裏に、見知らぬお店を発見した麻衣子。ドアにかかったプレートには「布地各種扱っています」とだけ書いてありました。そこはとても不思議な世界への入り口だったのです…… 

美しいイラストと幻想的な物語が魅力の珠玉の絵本。

雪がやんだばかりの地面は、冷たく、重く、足に何度もまとわりついてきます。無数の星が凍る空の下、麻衣子は走り続けました。「お願い、間に合って……」

ベストレビュー

なんとなく せつない

好きな仕事とはいえ、人と全く関わることなく続けていくのは
とてもさびしいことなのでしょう。

天使は雲織りのおばあさんを通じ それを感じとったからこそ
麻衣子に人間の世界へ帰るように言ってくれたのかもしれません。

おばあさんのところから逃げるところは
見つからないかとドキドキします。

雲織りが敷き詰められているように 足にまとわりつく地面は
麻衣子のあせりとともに
おばあさんの行かないでという思いの象徴にも思えます。

(グラッツさん 30代・ママ 0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


北見 葉胡さんのその他の作品

はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜 / いろはの あした / えほん はりねずみのルーチカ / はりねずみのルーチカ ふしぎなトラム / はりねずみのルーチカ カギのおとしもの / はりねずみのルーチカ



葉祥明さんの描く不朽の名作

冬のケープ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット