大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
こぐまのムースとねずみのロゼッタ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こぐまのムースとねずみのロゼッタ

  • 絵本
作: オリヴィエ・ド・ヴレーシューウェル
絵: エミール・ジャドウ
訳: 石津 ちひろ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「こぐまのムースとねずみのロゼッタ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

こぐまのムースのおなかが、ブオーン! と音をたてました。大切なことを忘れてしまうと、いつもそうなのです。ムースは、ねずみのロゼッタと一緒に大切なことを思い出そうと、あちこちたずねますが……。

ベストレビュー

読後はきっと心が温かくなっています。

 こぐまのムースは、なにか大切なことを忘れるとブオーンブオンと、おなかが音をたてます。おなかがなったので、何を忘れているのかねずみのロゼッタと一緒に探しに行くことに・・。忘れたことを思い出すのは、もとの場所に行くのが一番。私だけじゃないんですね(笑)

 昨日行ったところに寄ると、みんなに何かいろんな用事を引き受けたことを思い出しますが、肝心の思い出したい大切なことではないようで、たくさんの仕事をこなしてくたくたのムースとロゼッタ。

 最後に、ようやく思い出した大切な言葉を聞いたら、きっと心がホワッと温かくなる事間違いなし。

 大切なことを忘れると、おなかがなって知らせてくれるのって便利ですよね。大切なことを忘れて思い出せずにいることって案外多いのでは。言葉や態度にすることで、忘れてはいけない気持ちを自覚することを教えてくれました。
(やっちょとやまちゃんさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

石津 ちひろさんのその他の作品

だれのおしり? まきばにいこう! / だれのおしり? サファリにいこう! / かこちゃんはひとりっこ / おばあちゃんと バスにのって / ねこってこんなふう? / セラフィナせんちょうになる



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

こぐまのムースとねずみのロゼッタ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット