もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
いたずらけんぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いたずらけんぼう

絵: 津田 櫓冬
編: 小寺 瑞枝
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いたずらけんぼう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

文句なしに楽しめる絵本です。

 少し古い絵本ですが、主人公の5歳のけんぼうが自分と重なるのか、4歳になったくらいの時に毎日のように読んでいました。

 私は、この絵本の内容はすごくおもしろくて大好きなのですが、人によったらおじさんがくるまにはねられて ぺっちゃんこになるのを、けんぼうが空気入れでくうきをいれる場面もあるので、好ききらいがあるかもしれません。

 けんぼのいたずらぶりが面白くて親子ではまっていました。最後はけんぼうのいたずらに困った家族が反対にいたずらをして、けんぼうがしていないのにけんぼうが怒られます。けんぼうは泣いて無実を訴えます。本当に反省しているかは、最後のページをみてくれればお分かりになると思います。
(やっちょとやまちゃんさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子3歳)

出版社おすすめ


津田 櫓冬さんのその他の作品

カッチン / トントコトンがあいずだよ / クオ・ヴァディス(下) / クオ・ヴァディス(上) / ぼくの わたしの こんちゅうえん / ぼくの わたしの すいぞくかん



『いちにちじごく』作者インタビュー

いたずらけんぼう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット