ふしぎなともだち ふしぎなともだち ふしぎなともだちの試し読みができます!
作: たじまゆきひこ  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
自閉症のやっくんと 転校生のぼく。言葉でわかりあえなくても、ぼくらはともだち。
がまくんとかえるくんの心温まるおはなし・・・そばにいるだけで癒やされるぬいぐるみ、限定販売中です!
りんごがたべたいねずみくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りんごがたべたいねずみくん

  • 絵本
作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

作品情報

  • マイ絵本棚に追加する
  • この絵本のレビューを書く

発行日: 1975年05月
ISBN: 9784591004739

幼児向
24.5cm x 21.5cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

 木になった赤いりんご。でも、小さなねずみくんには木が高すぎてとれません。そこへ、とりくんが飛んできてひとつ食べてしまいました。次にさるくんが木に登って、ひとつ。ぞうくんは長い鼻でりんごをもぎ取り、またひとつ。いろいろ動物たちがやってきて、みんなおいしそうなりんごを取っていき、とうとう最後に残ったのはふたつっきりです……。

 赤く熟れたりんご――。食べたいのに、それを実現できないねずみくんの姿がユーモアを交えて描かれます。空を飛ぶとりくんを見て「ぼくにも つばさが あったらなあ」、木に登るさるくんを見て「ぼくも きのぼり できたらなあ」、長い鼻のぞうくんを見て「ぼくも はなが ながかったらなあ」……。ないものねだりであきらめかけていたねずみくんを最後に助けてくれる友達はいったい誰でしょう? 
 木からりんごを取る行為を通して、さまざまな動物たちの特徴が示された点には工夫がたっぷり。もちろん、ねずみくんのしぐさ、表情も存分に楽しんでください。
――(ブラウンあすか)

○あらすじ
高い木になったりんご。ねずみくんにはとれません。
そこへとりくんがやってきて、りんごをひとつとりました。
さるくんもやってきて、りんごをひとつとりました。
ぞうくんやきりんくん、カンガルーさん、さいくんもりんごをとっていきました。
するとあしかくんがやってきて・・・。

○編集部より
ねずみくんは、とりくんのようにそらをとべません。さるくんのようにきのぼりもできません。はなもくびも長くないし、たかくとべないし、ちからもつよくありません。
あしかくんも同じです。でも、あしかくんには得意なことがありました!
そして、ふたりでなかよくりんごをとることができました。
次の展開が楽しみなページをめくる面白さ、弱いものや小さいものへのあたたかい眼差しは、なかえよしを先生と上野紀子先生の作品づくりで大切なテーマになっています。
だれにでも、その人なりの持ち味やよさがあります。それがたったひとつでも、ほかの人が持っていないものが必ずあるはずです。
ねずみくんの姿に、子どもたちが「ああ、よかった」と思うと同時に、自分にしかない何かを見つけてくれると思います。

自分の能力を生かして

ねずみくんシリーズ第2作。
他の作品と違って右開きなのが少し新鮮です。
上をながめる展開なので、文章も縦書きがいい、というレイアウトでしょうか。
ねずみくんは高い木の上のりんごがほしいのです。
他の動物たちは、それぞれの特性を生かして難なくりんごを取るので、
ねずみくんはうらやましいばかり。
ところが、最後にやってきたあしかくんが素敵なことを教えてくれます。
なるほど、これはいいアイデアです。
発想の妙ですね。
前作で映えた赤色が、今回はりんごで印象的です。
自分の個性をもっと見直したら豊かな心持ちになれることを教えてくれるような気がします。
案外、思春期の子どもたちにもよさそうな気がしました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

なかえ よしをさんのその他の作品

ねずみくんの小さな恋の絵本(2冊セット) / へんし〜んねずみくん / ごあいさつ / だーれだ / あめあめふれふれ ねずみくん / うそついちゃったねずみくん

上野 紀子さんのその他の作品

宇宙遊星間旅行 / ちいちゃんのかげおくり(大型絵本) / ごちそうだよ!ねずみくん / どうしちゃったの?ねずみくん / 哲学する赤ちゃん / ねずみくんといっしょはははは



かこさとしさんの「だるまちゃん」シリーズの魅力に迫る!編集者インタビュー

りんごがたべたいねずみくん

みんなの声(71人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?





この作品をあなたのブログに掲載しませんか?

お好きなレイアウトを選んでテキストエリアのHTMLコードをコピーして自分のブログに貼り付けてください。

ノーマル(小)

りんごがたべたいねずみくんりんごがたべたいねずみくん
作:なかえ よしを / 絵:上野 紀子出版社:ポプラ社絵本ナビ

ノーマル(大)

りんごがたべたいねずみくんりんごがたべたいねずみくん
作:なかえ よしを / 絵:上野 紀子出版社:ポプラ社絵本ナビ

シンプル(小)

りんごがたべたいねずみくんりんごがたべたいねずみくん絵本ナビ

シンプル(大)

りんごがたべたいねずみくんりんごがたべたいねずみくん絵本ナビ

全ページためしよみ
サイン本販売中