もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
あほろくの川だいこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あほろくの川だいこ

作: 岸武雄
絵: 梶山 俊夫
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1974年03月
ISBN: 9784591019245

2歳〜5歳

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

荒れ狂う川の中で、あほろくは洪水を村の人たちに知らせるために、ひっしになって川だいこを打ちつづけるのです。

ベストレビュー

厳しさとせつなさと

「あほ」・・・
って、あまり使わないのですが
なんか、見下しているようで
「ばか」ともまた違う雰囲気
地域によっては、日常茶飯事?
なのかもしれないけど・・・

名前に「あほ」を付けれら呼ばれちゃう
川から流れて助けられた時とは
全然違う待遇になってしまう

おばあさんがろくの個性として
引き出す能力
でも、一般の村人達には通じず・・・

おばあさんがなくなる場面はとても辛く・・・

そして、村人達の
ろくに役割を与えるという
集団の心理の怖さ

その中であっても、ろくは
一生懸命に使命を果たすのです

涙涙・・・

なんなんでしょう
このせつない感じは

自然の厳しさと
人間の生活に於ける厳しさと
考えさせられます

小学生でもOKではないでしょうか
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岸武雄さんのその他の作品

わたしはひろがる / 小さなつめたい手 / けんぼうは1年生 / めしくわんよめさ

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



風変りで美しい表現方法がたくさん!

あほろくの川だいこ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット