ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ぼくが父さんなら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくが父さんなら

作: シャーロット・ゾロトウ
絵: ヒラリー・ナイト
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,350 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくが父さんなら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784924684980

出版社からの紹介

 この絵本は「わたしが母さんなら」と対になっています。主人公は、ジョン。「あーあ、ぼくが父さんならなー」と始ります。

 ピアノのレッスンなんか、なし!
 注射も、なし!
 髪はボサボサ。床屋なんてむだだよ。
 音楽はボリュームいっぱい。うー、しびれる!
 家のなかも外も、ぐるぐる かけめぐる
 大声でわめきちらせ!
 そうなんだ、ぼくが父さんなら
 自分の息子は、自由にさせてやるぞ!
 ピアノのレッスンなんか させるもんか!

 「ああ、でも・・・」
 ジョンは友だちにさよならを言ってかけこみ、
 ピアノの先生に
 「先生おくれてごめんなさい」といいました。

 子どもは、なんて たくましいんでしょう!

ベストレビュー

ゾロトウさん

私が母さんならというゾロトウさんの作品だったので選びました。こちらの絵本もヒラリーナイトさんが絵を担当されていて対になっている感じが良かったです。主人公がお父さんなら毎日が楽しいに違いなと思いました。私が一番気に入ったのは”一日中駅にいて汽車を待つ”という場面です。学校には行かずに一日中駅にいる事を考えただけでわくわくします。私の住んでいるところは貨車は通りませんがもし貨車が通ったら切れ目なしに何分続くのか興味があります。本のつに子供の発想は時に大人の発想より楽しいと思いました。いろいろ言いながらもちゃんとピアノのレッスンに行く主人公を微笑ましく思いました。優しいゾロトウさんの世界でした。
(ぴょーん爺の娘さん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / いっぽ、にほ・・・ / おとうさん / なかなおり / おじいちゃんがだっこしてくれたよ

ヒラリー・ナイトさんのその他の作品

エロイーズ、パリへいく / エロイーズのクリスマス / エロイーズ、モスクワへいく / エロイーズ / わたしが母さんなら / ゆかいなアンギー

みらい ななさんのその他の作品

おいっちにおいっちに / おおきいうさぎとちいさいうさぎ / くものがっこうえんそく / くものがっこう / おやすみおやすみぐっすりおやすみ / ぼくは赤ちゃんがほしいの



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

ぼくが父さんなら

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット