貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
おかしのくに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかしのくに

作: マブリナ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おかしのくに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ロシアで大事にされているファンタジー絵本

復刊絵本 限定出版の「おかしのくに」
ロシアでは ビスケットを焼いて 楽しんでいるのですね
ねこがビスケットをやくのですが ビスケットはみんなにげだして

ビスケットの家までたてるのです
おかしのくにの 夢のあるお話が展開します
おかしの どうぶつや 汽車  みんなでごちそう食べたり
おかしのむらの みんなの 楽しさ   ロシアの国のカチェリンカがライオンや おおかみにあうところも スリルあります

ラスト おかしのくにを見ていたねこが おいしそうで よだれたらす ところもおもしろい  ねこまでビスケットになったんですね

絵が 童話っぽくて ビスケットの型がいろいろあって 楽しいです 
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ


マブリナさんのその他の作品

およめにいった三人のむすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おかしのくに

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット