ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
くだもの なんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くだもの なんだ

作・絵: きうち かつ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くだもの なんだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784834022704

読んであげるなら・ 2才から

関連するスペシャルコンテンツ


絵本アプリ『まり』『やさいのおなか』インタビュー!

みどころ

人気絵本「やさいのおなか」「やさいのせなか」に続く、待望の第3弾。
普段見慣れている野菜がいつもと違う角度から表現されていて「これなんだ?」と問いかけてくる上記2冊。 
大人でもちょっと難しかったりして、野菜に興味を持たせるにはぴったりなこのシリーズ。年齢も幅広く楽しめますよね。
そしてその2冊を使い尽くしてしまった(?)方達に朗報!次はくだものの断面図でまたしばらく遊べますよ。
これもまた単純な様でいてなかなかの難問です。例えば「ぶどう」は枝の部分がクローズアップされていて、この形すごく見覚えがある!!けどなんだっけ・・・と言った具合。あまり言ってしまうと楽しみがなくなりますね。

この絵本をきっかけに色々果物が食卓で話題に上ると面白いですね。個人的には果物のそれぞれの「たね」の形にすごく興味をそそられました。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

くだもの なんだ

出版社からの紹介

ふしぎな形のシルエットがつぎつぎに登場。これは何だろう? 実はくだものです。想像力を思いっきり広げる楽しさと、身近な物の美しい形を発見するよろこびがいっぱい。

ベストレビュー

意外にしらない野菜の断面

「やさいのおなか」はよく読み聞かせでも使うけれど、この絵本ははじめて。
「くだもの なんだ」という題名だけに、中のものはすべて「果物」です。
ということがわかっていても...白黒の断面図で見せられると、ん?何?大人でもわからないのが何個もあります。
ページをめくって答えがわかると、「あぁ〜なるほど〜」なんだけど、断面図ではなかなかわからなものね。
いろんな果物があって、いろんな形をしてる。
これは好きだとか、これはすっぱいから苦手なんて話も出てきて、楽しめる1冊です。
(たかくんママさん 30代・ママ 女の子11歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

きうち かつさんのその他の作品

ジャムさんちのたからばこ / つくってあそぼう! おまつりやたい / おやつ / やさいのせなか / ふしぎないえづくり / みんなでつくる ふゆのかざりもの



完売店続出・即重版!終わりのない愛の絵本、好評につきPart2

くだもの なんだ

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット