しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
おっぱいのひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おっぱいのひみつ

作・絵: 柳生 弦一郎
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年03月06日
ISBN: 9784834010633

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

どうして女の人のおっぱいはおおきいの? それはね、赤ちゃんにお乳をあげるため。子どもたちの素朴な疑問に明快に答えながら、母と子のつながりを暖かく印象深く描きます。

ベストレビュー

最後のページがいい

おっぱいのひみつがたくさん
書かれているのかな?なんて読んでみたんですが
面白い絵と、赤ちゃんはなんで
おっぱいがすきなのか?とか
分かりやすく、明るく書かれています。
読み始めるのなら、恥ずかしがらないうちが
いいかな?なんて思いました。
さすが柳生 弦一郎さんの
作品です。

私自身は一番最後のページに
書かれている
「おかあさんによんでもらうページ」が
いちばんぐっときました。

本書には、おっぱいの中の栄養云々のことも書かれていましたが
お母さん自身の病気や
お乳がでないなどの理由で
おっぱいをあげられないこともある
ということが書かれています。
お母さんはお乳を(理由があって)あげられなかったけど
お母さんが一生懸命君を育てて
そんなに素敵なこどもに
そだったんだよ
こういった内容でした。

よく「母乳?ミルク?」なんて
話が出ますが
関係ないですよね。

とってもいい絵本でした。
(びんとろさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳生 弦一郎さんのその他の作品

なーちゃんとおおかみ / 大型絵本 たまごのあかちゃん / いーはとあーは / はじめてであう小児科の本 / にほんのわらべうた1 うめとさくら / にほんのわらべうた2 すずめすずめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

おっぱいのひみつ

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 27人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット