もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【予約受付中】待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
ワニのライル、動物園をにげだす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワニのライル、動物園をにげだす

  • 絵本
  • 児童書
作・絵: バーナード・ウェーバー
訳: 小杉 佐恵子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,456 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

しあわせに暮らしているワニのライルをとてもこわがっているねこのロレッタ。
飼い主のグランプスさんがつとめるデパートで大さわぎをしたライルは、動物園に
おくられてしまいますが・・・。

ベストレビュー

終わりよければすべてよし

プリムさん一家と楽しく暮らしていたライルですが、近所のグランプスさんに嫌われて動物園に送られてしまいます。

ライルの大好物を持って会いに来るプリムさんのおくさんが、まるでライルを自分の子どものように気遣ってくれるところに感動。

動物園のワニたちの方が同種で安心できるように思えるのですが、ライルは落ち着かないのですね。自由や人間との交流を一度覚えてしまったら、動物の群れには帰れないということでしょうか?

騒動はあっても「終わりよければすべてよし」という展開に収まるのは「おさるのジョージ」シリーズなどでも見られますが、これも同様で、ライルは人間社会の中で生きることを運命づけられたワニなのだなあということを思いました。

(はなびやさん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーナード・ウェーバーさんのその他の作品

ワニのライルは会社のにんきもの / アイラのおとまり / 勇気 / アリクイのアーサー / ワニのライルのクリスマス / ネズミなんていないでしょ?

小杉 佐恵子さんのその他の作品

ワニのライルとどろぼうじけん / うっかりまじょとちちんぷい / モミの木 / おてつだいはもういやだ / ワニのライルがやってきた / こんにちは、バネッサ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

ワニのライル、動物園をにげだす

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット