宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
動物たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

動物たち

  • 絵本
作・絵: 三沢厚彦
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「動物たち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

動物をモチーフにした木彫作品が、高く評価されている若手彫刻家・三沢厚彦、初の絵本。今作は、私たち人間と対等な目をした動物の<いろんな表情、姿、形、模様、角度、大きさ…>が見えてきます。迫力のある絵とシンプルな言葉がうまく画面構成された、まったく新しいタイプの絵本です。レイアウトも裁ち落としだけでなく、一枚の絵が見開きに収められ、紙の影が写り込み、2次元が3次元に見えるような、紙芝居のような、力強い、存在感のある、不思議な空間があります。十人十色、動物の特徴を生かした絵を堪能していただくと共に、幅広く子どもたちにも紙からはみ出さんばかりのエネルギーを感じてもらえる絵本です。

ベストレビュー

伝わってきます!

動物図鑑のような絵本です。
ほとんどが見開きに一種類の動物が水彩が描かれています。

でも、写真ではなく、可愛い絵でもなく
動物園へ行って写生してきたような絵具で描かれた絵です。
動物たちの特徴がよく表わされています。
繊細ではなく、タッチは筆の跡もはっきり残っていて、
ページをめくるたびに動きだしそうな動物たちにドキドキしました。
小学生の図画のお手本にしたい本だなぁとも思いました。
写真よりも伝わるものがあります!
私はネコのページがお気に入りですが
6歳の息子はシマウマのページで、
シマウマを上から見た絵が描かれているので
「すごーい、すごーい」と感心していました。
確かにシマウマの縞模様を上から観察できる機会はなかなかないですもんね。
テナガザルの手はすごおおおおおおおく長いです。
小さなお子さんも楽しめると思います。
見ごたえのある絵本です。
(さふぁいあ。さん 30代・ママ 女の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三沢厚彦さんのその他の作品

ぞうを つくる / しっぽ しっぽ



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

動物たち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット