くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
もりのスケート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのスケート

作・絵: 菊池 日出夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「もりのスケート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年02月

5才〜6才向き
こどものとも 2006年2月号

出版社からの紹介

ひでちゃんは、ごろちゃんたちと連れだって森の中の池へスケートに行きました。すると、そこには池の氷に穴をあけてわかさぎ釣りをしているおじいさんがいました。鬼ごっこをして遊んでいましたが、ごろちゃんが勢いあまって、わかさぎ釣りの穴に足を突っこんでしまいました。するとおじいさんは……。

ベストレビュー

素敵な風景です!

小学校1年生の娘が図書館で一人読みしました。
昭和感のあるイラストですが,子供は違和感を感じることなく読み入っていました。
昔の自然あふれる田舎のスケートで,そこもまたある意味羨ましい風景に思いました。
寒い中でも子供は外遊びが好きなのですよね,こういう時代素晴らしいですね!
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

出版社おすすめ


菊池 日出夫さんのその他の作品

たぬきのおやき / むかし日本狼がいた / 江戸っ子さんきちと子トキ / みんなで しいたけづくり / はと / コイ・フナの絵本



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

もりのスケート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット