しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
やぎと ぎんの すず
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やぎと ぎんの すず

作: 八百板 洋子
絵: 小沢良吉
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「やぎと ぎんの すず」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784790251477

3歳児から

出版社からの紹介

お百姓さんに銀の鈴をつけてもらい、ご機嫌なやぎ。ところが、鈴がいばらに引っかかってしまいます。やぎは、いばらに文句を言いますが、言うことを聞いてもらえないと知ると、のこぎりに「いばらを切るよう」頼みに行きます。しかし、のこぎりも頼みを聞いてくれないと知ると、今度は火を訪ねて…。やぎがいろいろな相手とやりとりを繰り広げるゆかいな絵本。小沢良吉画伯、渾身の一冊。

ベストレビュー

わがままなやぎ

ルーマニアの昔話です。お百姓さんに銀の鈴をつけてもらったやぎは、嬉しくて跳ね回っています。草原の先に森がありました。やぎが中に入っていこうとすると、いばらから「ここは通れないよ」と忠告してもらったけれど、自分勝手でわがままなやぎは無理やりとおりぬけようとしたので、お気に入りの銀の鈴を落としてしまいました、自分でとろうとしないで、人のせいばっかりにするやぎの態度に呆れてしまいますが、お百姓さんの説得で素直に自分で銀の鈴をとったやぎにちょっとほっとしました。やぎのようになりたくないなあと思いました。気をつけたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型ワークブック

八百板 洋子さんのその他の作品

猫魔ヶ岳の妖怪 / ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし / 日本と中国のおひめさま かぐやひめ / アンデルセンのおひめさま にんぎょひめ / ナスレディンのはなし / ぽぽとクロ

小沢良吉さんのその他の作品

風のローラースケート 山の童話 / ほしのサーカス / もっくりやまのごろったぎつね / うたえないカエル / ヴァイオリンをひくネコ / ももたろう



「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

やぎと ぎんの すず

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット