キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
そっくりそらに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そっくりそらに

  • 絵本
作・絵: 西岡千晶
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「そっくりそらに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

同じアパートに住むシシーとスースーは、赤の他人なのに見た目も行動もそっくりさん。
ある日スースーの大鍋が底なしになり、なぜかシシーの部屋とつながって…。
見知らぬ同士のそっくりさん二人が織りなす不思議なお話。

ベストレビュー

そっくりな二人のナンセンス絵本

たぶん、子どもに読み聞かせてもあまり意味が分からないかもしれません。
大人が読んでいても、あまり意味は分かっていません。

水やりのバラランサは、同じアパートに住むそっくりなふたりのことを気にしています。あおいめのシシーとちゃいろめのスースー。

二人はやることなすことそっくりさん。
かける言葉もかぶっているぼうしもほとんどおんなじ。
(文中では青文字で書かれているのがシシーの言葉、茶文字で書かれているのがスースーの言葉)

ぶたをゆでようと出してきた大鍋。
おっこちたおちびさんの一人はなぜかすーすーのところからシシーのところへ。
シシーが鍋を覗き込むと、スースーの部屋に顔を出します。

描写も細かく、細部をいろいろと眺めているととても楽しいです。
お話もナンセンス絵本として楽しめますが、子ども向けではありません。

西岡兄妹の作品が好きなら、ぜひ。
(lazy−planetさん 30代・パパ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西岡千晶さんのその他の作品

ハルムスの小さな船



『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

そっくりそらに

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット