貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
ヒツジのおやこのおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヒツジのおやこのおくりもの

作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

じいさんは、ヒツジの親子を連れてわがまま放題の孫に会い行きました。やがて男の子は、ヒツジの世話を通して心優しい少年へと変わります――。無心な姿で子どもの心を健やかに育んだ、十二支の「ヒツジ」の昔話。

ベストレビュー

羊の親子のプレゼントの意味とは

干支それぞれのおはなしシリーズ?
へぇ〜
と、息子の「羊」年のを
まずは借りてきました

中国のおはなしのようです

かわいい息子が
わがままに育ってしまっています

おじいさんが
羊の親子をプレゼントします

“親子”に何かヒントがあるのかな?

こどもは、よく見ています
そして、体感し
おとうさんの話を聞き
理解していきます

すぐには、いい子にならないところが
いいです

親の方が勉強になるかも(^^ゞ

あとがきにも
詳しく説明されています

確かに!
羊年って・・・っていつも思っていること
だらけで納得!

他の年も読んでみたいです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

谷 真介さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 子どもの伝記12 キリスト / 4さいからの豊かな心を育てるお話 / ふしぎな黒イヌ / あわてんぼうのニワトリねえさん / 赤ちゃんをまもったサル / おもちのすきなヘビのおふじ

赤坂 三好さんのその他の作品

トミーは大いそぎ / はだかの王さま / たまごから生まれたウマ / リュウのむすめとおいしゃさん / イノシシとお月さま / いなばの白うさぎ



切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

ヒツジのおやこのおくりもの

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット