しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
はるかな湖
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるかな湖

  • 絵本
作・絵: アレン・セイ
訳: 椎名 誠
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はるかな湖」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784198609856

小学校低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

夏休みをとうさんの家で過ごすことになったぼく。仕事ばっかりしていたとうさんがキャンプにつれていってくれて…。美しい自然を目の前にし、無口な父と内気な息子の間に静かに通いあう愛情。コールデコット賞受賞作家アレン・セイの作品を、作家・椎名誠の訳で贈ります。

ベストレビュー

父と子の心の触れ合い

普段あまり接点がなく、会話もほとんどない父と子の心の触れ合いのお話です。
父と子って、どうしても母と子の様に、密着して心地よい関係になることはできません。
でも、同じ体験をして、運命共同体となることで、母と子とは別の強い絆を生むことができます。
このお話の父と子は、一緒に山を登り、キャンプをすることでお互いの距離を縮め、強い絆で結ばれた親子になっていくのです。
二人が心をひとつにしてたどり着いた湖の絵が美しく、感動的でもあります。
父と子の心が寄り添っていく様が丁寧に描かれた素敵な絵本です。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

アレン・セイさんのその他の作品

紙しばい屋さん / おじいさんの旅 / さんねんねたろう / じてんしゃのへいたいさん

椎名 誠さんのその他の作品

角川つばさ文庫 東京キャッツタウン おばけアパートの秘密 / 角川つばさ文庫 きみに贈るつばさ物語 / めしもり山のまねっこ木 / 絵本たんけん隊 / ドス・アギラス号の冒険 / めだかさんたろう



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

はるかな湖

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット