貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぼくのいぬがまいごです!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのいぬがまいごです!

  • 絵本
作: エズラ・ジャック・キーツ パット・シェール
絵: エズラ・ジャック・キーツ パット・シェール
訳: さくま ゆみこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのいぬがまいごです!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年01月
ISBN: 9784198611354

5歳から

出版社からの紹介

プエルトリコからニューヨークへやってきたばかりのホワニート。言葉はわからないし、友だちもいない。おまけに可愛がっていた犬がいなくなっちゃった。探しに出かけたホワニートの前に、次々と子どもたちがあらわれて…。著名な絵本作家キーツが贈る赤と黒、二色の印象的な絵本。

ベストレビュー

ニューヨークの街の魅力的な世界を

プエリトリコからニューヨークにやってきた少年の悩みはスペ
イン語しかまだ話せないこと。だから、犬が迷子になったのに、どうして探していけばいいものやら。男の子を助けてくれたのは…? 
 物語は、言葉のハンディを乗り越えて心を通わす子どもたちの世界を、ニューヨークに住む様々な人種の子供たちが主人公の犬捜しに加わって展開していきます。
 ラストシーンは、「ああ、良かった」って感じさせてくれます。
(アツナちゃんさん 30代・パパ 男の子7歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

エズラ・ジャック・キーツさんのその他の作品

きみも こねこなの? / ルイのうちゅうりょこう / E.J.キーツの俳句絵本 春の日や庭に雀の砂あひて / ゆめ / ルイのひこうき / アパート3号室

さくま ゆみこさんのその他の作品

空の王さま / ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし / ホーキング博士のスペース・アドベンチャー2-2 宇宙の生命 / くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / バンブルアーディ



『てるちゃんと ようかいさんの おはなし』もへろんさんインタビュー

ぼくのいぬがまいごです!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット