すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
海賊モーガンの宝島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海賊モーガンの宝島

作: 那須 正幹
絵: 関屋 敏隆
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「海賊モーガンの宝島」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年04月
ISBN: 9784591053645

対象年齢:小学初級以上向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

洋一は、海賊モーガンとともに昔の大海賊が宝をうめたという、謎の海賊島へ!! 胸おどる海洋冒険ファンタジー絵本シリーズの最終巻。

ベストレビュー

素晴らしい冒険の旅が

海賊船の船長モーガンたちと一緒に冒険だ!


夏休みに、海の近くにある祖母の家に遊びに行った洋一は、亡
くなった祖父の部屋で、一風変わった笛を見つけた。大きな船
の船長をしていた祖父が、外国の船長さんにもらったというボ
ースンズ・コールだ。洋一がその笛を吹くと、モーガン船長が率いる海賊の一味に加わって、いつでもどこでも迎えに来てくれて素晴らしい冒険の旅が始まる。 
 大胆で力強いタッチの絵が、奇想天外な冒険世界を描く絵本。モーガン船長は昔の仲間が隠したという宝を探しに、洋一を連れて地図を頼りにやっと見つけた宝島には、色々なしかけがあるのだが、洋一の機転でなんとか宝のありかにたどり着いたものの、それを運びだしたところに別の海賊一味が待ち構えている。スペクタクルな物語にこどもは魅力的な胸おどる海洋冒険ファンタジー絵本にひきこまれるはず。(うちの子はだめでしたけど。)

(アツナちゃんさん 30代・パパ 男の子7歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


那須 正幹さんのその他の作品

塩田の運動会 / 少年たちの戦場 / ポプラ文庫 ズッコケ中年三人組 それいけズッコケ40歳 / ズッコケ熟年三人組 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / ポプラ文庫 ヒロシマ 1949 歩きだした日

関屋 敏隆さんのその他の作品

咸臨丸にかけた夢 幕末の数学者・小野友五郎の挑戦 / りゅうじんさまは歯がいたい / 北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検 / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ / シーカヤックで いこう / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ



『うし』内田麟太郎さん&高畠純さん&絵本ナビ・金柿代表 鼎談

海賊モーガンの宝島

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット