ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
パヨカカムイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パヨカカムイ

  • 絵本
作・絵: かやのしげる
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784338081412

小学校低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ユカラをかたることで病気をまきちらす神、パヨカカムイから村を救った狩りがへたで、貧しいアイヌの男の話。

第6回日本絵本賞 /よい絵本。

ベストレビュー

二面性を持つ神さま≪パヨカカムイ≫登場

アイヌ神話の絵本です。
絵はいしくらきんじさんです。どちらかというと、表紙だけ見ると今風なタッチのイラストなのであまり昔話っポイ印象は受けません。

こちらもアイヌ神話の伝承家。研究者である萱野さんが再話されている作品ですが、神々しいアイヌの紙ではなく、二面性を持つ不思議な神さまが登場します。そして主人公はうだつの上がらない子持ちの中年男。
ただ、アイヌの英雄の昔話(神話みたいなもの):アイヌでいうところの「ユカラ」を語るのが取り柄の男。という、子どもたちにはちょっと引いてしまうような設定の人でした。

ただ、ここに登場する神さま、パヨカカムイという神さまの特性が面白かったです。
もともとは「病気をまき散らす神さま」でありながら、素晴らしい「ユカラ」を聞かせたことで、「病気を防ぐ神さま」となります。
あまり大きな見せ場はない話ですが、アイヌの文化に興味のある人には面白いと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かやのしげるさんのその他の作品

熊神とカパラペポンス / アイヌとキツネ / 火の雨 氷の雨



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

パヨカカムイ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット