30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
ある夜のこと。30000このすいかが「食べられてはたまらん!」と畑から逃げ出した! すいかたちの脱走劇の結末はいかに!?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ブルーナのしかけであそべるあかちゃん絵本(4)ミッフィーの かぞえて いくつ 1・2・3
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ブルーナのしかけであそべるあかちゃん絵本(4)ミッフィーの かぞえて いくつ 1・2・3

作・絵: ディック・ブルーナ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥400 +税

「ブルーナのしかけであそべるあかちゃん絵本(4)ミッフィーの かぞえて いくつ 1・2・3」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

赤ちゃんのためのコンパクトなしかけ絵本。1から10までの数遊びを、かわいらしいブルーナのイラストで楽しめます。わかりやすいインデックスのしかけつき。

ベストレビュー

うさこちゃんがよかったなあ

娘が1歳の頃、お友達からプレゼントされました。
かわいいし、頑丈だし、コンパクトだからどこでも
持っていくことができてうれしかったです。
「ミッフィー」ではなく「うさこちゃん」だったら
もっとよかったのだけどなあ。
大人になってしまうと、「うさこちゃん」よりは
「ミッフィー」という名前の方が馴染みがありますが
小さいうちは「うさこちゃん」がかわいらしくていいなって
思うのです。
というか、娘と一緒にうさこちゃんと親しくなってしまった今、
私はもうこれから「うさこちゃん」でずっと通したい(笑)。
娘はうさこちゃんシリーズも読んでいるのに、こちらが
ミッフィーちゃんと呼ばれていることには特にとまどいは
ないみたいです。どうやって折り合いつけているのかなあ。
あと、ミッフィーちゃん家族は「なんにん」という数え方
なのにこいぬは「なんびき」という数え方になっていて
気になってしまいます。
細かいことを言ってしまいましたが、このシリーズは、でも
手にしているだけでうれしくなります♪
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ディック・ブルーナさんのその他の作品

おうさま / ふなのりのやん / ブルーナの絵本 すぽーつのほん / ブルーナの絵本 ろってちゃん / どうぶつ / 子どもがはじめてであう絵本 0才から なまえ(全3冊)



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

ブルーナのしかけであそべるあかちゃん絵本(4)ミッフィーの かぞえて いくつ 1・2・3

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット