しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
石のねずみストーン・マウス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

石のねずみストーン・マウス

  • 絵本
作: ジェニー・ニモ
絵: ヘレン・クレイグ
訳: 安藤 紀子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「石のねずみストーン・マウス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784034313602

5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

ストーン・マウスの運命

目次も1わぁー、石のねずみだ!
    2テッドは危険だ
    3やつあたり
    4エリー、たすけて!
    5マウスはどこに・・・・・・?
    6生きうめ
    7テッドのなみだ
    8マウス、ありがとう

長い文章ですが、ストーン・マウスの運命がどうなってしまうだろうとわくわくしながらいっきに読みました。テッドに意地悪をされても、最後にはテッドの気持ちを一番に理解してテッドに感謝されるまでになったストーン・マウスでした。同じ家に住むネコのモスとミニーが、ストーン・マウスの為に必死に活躍したのにも家族っていいなあと思いました。人間よりか、家族の絆が強いと思いました。家族を必死で守ろうとした姿に感動しました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヘレン・クレイグさんのその他の作品

消えた犬と野原の魔法 / ひとりでおとまりしたよるに / アンジェリーナのはるまつり / アンジェリーナのバースデイ / ブラボー!アンジェリーナ アンジェリーナの劇場しかけえほん / アンジェリーナはスケーター

安藤 紀子さんのその他の作品

いたずらトロルと音楽隊 / ハッピーハンター / マウスさん一家とライオン / ちいさなうさぎのものがたり / 7つの怖い夜ばなし / みみずくのナイトとプードルのデイ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

石のねずみストーン・マウス

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット