1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ヤンヤンいちばへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヤンヤンいちばへいく

作・絵: 周翔
訳: 文妹
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

今日はおばあちゃんの誕生日。ヤンヤンはメイおばちゃんと、いちばに買物にでかけました。中国・江南を舞台に人々のくらしを描く。

ベストレビュー

なつかしい感じのする一冊

8歳の息子と読みました。

中国・江南地方の市場を描いた一冊。
お父さんの田舎に返って来た男の子、ヤンヤンが、
おばさんと一緒に市場に買出しにやってきます。
目的はおばあさんのお誕生日会!

ごたごたした市場の様子、
湯気のたつおかゆに、大きな鍋で揚げられる油条、
壁に書かれた地方政府の、
「富みたければ子をたくさん生まずにブタを飼え」という
殴り書き?まで、細かいところまでがとってもリアルで、
中国の地方に時空を超えてやってきたかのような思いでした。
今にも、市場のざわめきが、聞こえてきそうです。

都会育ちらしきヤンヤンにも、
市場はとっても新鮮だったに違いありません。

8歳の息子には、他国の文化を知るよいきっかけとなり、
中国に住んだ事のある私には、とっても懐かしい一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!

文妹さんのその他の作品

北京―中軸線上につくられたまち



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

ヤンヤンいちばへいく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット