庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
サリーとライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サリーとライオン

作・絵: クレア・ターレー・ニューベリー
訳: さくま ゆみこ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784895726252

幼児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

小さな女の子サリーの親友は、なんと大きなライオンのハーバート! 
だけど、ライオンといっしょに暮らすなんて、まわりの人は大反対。
2人がいっしょに暮らすには、いったいどうしたらいいの?
コルデコット賞作家ニューベリーのデビュー作。

ベストレビュー

古典的な名作

コールデコット賞オナー賞を4度も受賞したクレア・ターレー・ニューベリーの記念すべき1931年に出版されたデビュー作。
コールデコット賞は、アメリカ児童図書館協会が、その年に出版された最も優れた絵本に授与する賞で1937年に創設され、次年度から選出しています。
19世紀イギリスのイラストレーター、ランドルフ・コールデコットを記念して名付けられていて、ニューベリー賞と並んで、アメリカで最も権威のある児童書の賞とされています。
※ニューベリー賞の名は、18世紀イギリスの著述家・出版家のジョン・ニューベリーに因んでいます。

物語は、サリーという女の子が、本物のライオンが欲しがっているシーンから始まります。
買物に出かけたお母さんが、お土産にライオンの赤ちゃんをもって帰るのですが、冷静に考えてみると奇想天外な話。
でも、それは絵本ならではの世界で、楽しいサリーとライオンの共同生活が始まります。
ハーバードと名付けたライオンは、サリーと同じ食事をするという設定で、肉食動物には有り得ないのですが、これもご愛嬌。
でもだんだん、ハーバートが大きくなると問題が起き始めるのです。
困った両親は、ハーバードを山の牧場に行かせるのですが、結局、ハーバードはサリーの元に戻ってきてしまい、両親はある選択をし、ハッピーエンドとなるというお話です。

ライオンが人間と同じ食事をしたり、犬でもないのに、離れた場所から戻って来たり、牧場で放し飼いにされたりと、余りに現実離れした設定が多い作品です。
それはさておき、分章は長いのですが、起承転結がはっきりしているので、飽きさせることなく読み聞かせできる絵本だと思います。

シンプルな絵は、黄色と水色という二色刷ですが、味わいのある絵。
1931年という時代を鑑みると、コールデコット賞が存在していれば、オナー賞には入っていたのではないかと思える古典的名作としてオススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クレア・ターレー・ニューベリーさんのその他の作品

うさぎのマシュマロ / こいぬのバーキス / こねこのミトン

さくま ゆみこさんのその他の作品

バンブルアーディ / ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン / 英日CD付 英語絵本 おおきなのはら Over in the MEADOW / おばあちゃんからライオンをかくすには



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

サリーとライオン

みんなの声(6人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット